当ホームページの管理人『Chan』が、HPの基本から学ぼうと作ったものです。
作成していると、Kaakaが「私の分も載せて!」と横から割り込み、夫婦の趣味(鯉釣・DIY・手芸・草花)を紹介する当HPができました。特許権・商標権・著作権について知っていると便利な情報もあります。初めてご利用の方は ご利用上の注意点 を同意の上、ちょっとお寄りになって、ご覧ください。

Kaakaの世界 /郷土料理の紹介 編

干瓢(カンピョウ)の卵とじ  てっかめし  番外編(独自の調理?)


 

【干瓢(カンピョウ)の卵とじ】6人分 2008年(平成20)8月19日

カット カット

1)干瓢(3〜4本)を戻す(塩を使うと早く戻ります)。
  軽く水洗いし、塩を少々入れたぬるま湯に浸します。
   (塩でモミ洗いして浸す方法もあります)
  干瓢が戻ったら 3cmほどの長さ に切ります。
2)卵を入れ溶きます(おおよそ5個)。
   干瓢と卵の量は、具沢山か アッサリ派か で
  加減してください。
  少ない卵よりも大目のほうが、美味しくなりますよ。
カット カット 3)香り付けに ミョウガ を入れる時もあります。
   干瓢と一緒に入れる場合には、ミョウガを縦長に4等分
  ほどにカットし、干瓢に卵を溶いだ その上に
  ミョウガを乗せるようにして下さい。
4)沸騰したお湯に だし を入れ、その後に 干瓢 を
  流し込んでください。
   干瓢が 柔らかく なったら お醤油 で お好みに
  味付け して下さい。
  お醤油を 後から入れる のがポイントです。
カット 5)盛り付けて 完成 です。
   ミョウガが 少量 しかない場合には、ミョウガをきざみ、
  食べるときに 薬味 とするのがよいでしょう。

 サブメニュー『Kaakaの世界』へ移動      このページのトップに戻る 

 

【てっかめし】/テッカメシ/鉄火飯・・・文字不明  2009年(平成21)3月18日

 KaakaがChanの家に嫁いで 初めて食べた料理の一つです。「まぐろの醤油漬」かと思いました。
インターネット検索しても、出てこないんですねぇ この料理。
検索で見つけたのは
 ・三重県の「てっか飯」
    頭と腹をとった煮干しを縦半分に割って中骨をとり、米と一緒に醤油を入れて炊き、煮あがりにねぎを入れて炊きあげるたもの。
 ・『汁かけめし快食學』事項資料一覧の第4章/日本庶民のかけめし力を探るには、
    鉄火飯 『料理名由来考』志の島忠+浪川寛治著、三一書房 めしに醤油をかけたもの
とあるのを見つけました。
 でも、Chanの家で食べた”てっかめし”は、ご覧のとおりです。
醤油をかけ 油揚げ
1)材料の準備
  米1合に対して、油揚げ1枚、醤油1勺(しゃく、18cc)が基本です。
2)油揚げを右のように切ります。
3)ご飯を、少なめの水加減で さっぱりと炊いてください。
4)炊きあがる直前頃、先ほど切った油揚げに醤油を掛けて 混ぜてください。
混ぜる ご飯の上に 5)先ほど醤油をまぶした油揚げを、炊きあがった炊飯器内のご飯の上に
  載せ、蓋を閉めます。
  この状態で、約数分間蒸らしてください。
 注)油揚げに醤油をマブスのは、炊きあがる直前としてください。
   事前に混ぜておくと、醤油が油揚げにすべて吸い込まれてしまい
   テッカメシ の美味しさが味わえません。
6)約数分後、軽く混ぜて、出来上がりです。
 醤油や油揚げは、基本より少々多いほうが良いかもしれませんが、度が過ぎると、しつこい味となってしまいます。
 残った場合には、保温せずに 冷ごはん として、食べる時にレンジで温めてください。

 サブメニュー『Kaakaの世界』へ移動      このページのトップに戻る 

 

【番外編】 独自の調理方法?

活ホタテ 【ホットプレートを使って活ホタテの貝殻焼きをしました】

 暖かい日なら屋外でBBQコンロ(バーベキューコンロ)での網焼きが出来ますが、寒い冬の夕食時に 家の中ではできませんよねぇ。
家の中では、カセットコンロでの網焼きですが、この方法は一個ずつしか焼けず、家族で食べるには向きません。
そこで考えたのが、@ホットプレートで複数の活ホタテをまとめて下ごしらえして、 A仕上げにカセットコンロで1個づづ網焼きする という方法です。
この方法にすれば、家の中で活ホタテの貝殻焼きを 家族でを楽しむ ことが出来ます。
ここをクリックして、ぜひお試しください。

 サブメニュー『Kaakaの世界』へ移動      このページのトップに戻る 

「Kaakaの世界」への訪問 人目

inserted by FC2 system