当ホームページの管理人『Chan』が、HPの基本から学ぼうと作ったものです。
作成していると、Kaakaが「私の分も載せて!」と横から割り込み、夫婦の趣味(鯉釣・DIY・手芸・草花)を紹介する当HPができました。特許権・商標権・著作権について知っていると便利な情報もあります。初めてご利用の方は ご利用上の注意点 を同意の上、ちょっとお寄りになって、ご覧ください。

Kaakaの世界/お出かけ/Chanの一時帰国 2014.03

梅林

 某国の2月「春節の休み」で一時帰国したのは1月末から2週間でしたが、今回は社用プラスαで3月19日のフライトで一時帰国しました。
そういう訳で、このページの前には 某国滞在記/一時帰国 2014.0319-28 があります。

○ 2014年3月20日(木曜)

 本社での会議に参加

○ 3月22日(土曜)〜23日(日曜)

 福島県小名浜のあるホテルを会場に開催された日本/全社のある協議会に参加。
ホテルの窓から
港 被災した家  上の写真は、会場となったホテルからの景色です。
一方、右の写真は小名浜港付近の様子です。
2011年3月11日に発生した大地震による津波の影響を写真が物語っています。
食堂 ○ 3月25日(火曜)

 Kaakaの午前中の勤務後に、筑波山の梅林に行ってみることにしました。
まずは、腹ごしらえと 知人に聞いていた筑波山麓の国道沿いの うなぎ屋 さんに行ってみることにしました。
車を止めて、周囲の景色を眺めて店に入ろうとすると、国道側から「○○さぁ〜ん!」との大きな声が・・・
ふと振り返ると、水郷一帯での鯉釣りで知り合った「はにゃさん」が車の窓から身を乗り出し叫んでいたのです。某国に行っている私がなぜ日本にいるのか? 目を疑っての声掛けのようでした。先週は某国赴任先の接待中に 宮城県の釣り友達を良く知る方と偶然にも あの広い某国内で ご一緒する機会があったばかりです。偶然とは こんなものでしょうか・・・
筑波山  南南西の方向から見た筑波山です。
私が住んでいるところからは、北西の方向から見る筑波となり、この形とは異なります。この後で、西の方向から見た筑波山の写真を掲載します。
 13時35分 筑波山梅林に到着です。
3月26日まで「筑波山梅まつり」が開催されており、終盤ですが平日としては人出はまずまずでした。
ガマの油売り 梅林 梅林 梅林
標識 標識 東屋  東屋での一休み。
この東屋は 関東富士見百景に指定されているそうで、富士山まで155.6km、新宿副都心まで68.6kmの標示もありましたが、春霞?か 見ることはできませんでした。
看板 神社  梅林の散策を終え、第3駐車場まで戻る途中に「石稲荷」がありました。
案内看板によれば、「筑波七稲荷」があり、その一つで、石や山林に関係する者が進行する稲荷のようです。
下の写真2枚は 西から見た筑波山で、左はやや北よりの西からの撮影、右はやや南よりの西から撮影です。
筑波山 筑波山

「某国滞在記/一時帰国 2014.0319-28 前編(某国から日本へ)」へ戻る場合は ここをクリック してください。
「某国滞在記/一時帰国 2014.0319-28 後編(某国へ帰任)」へ進む場合は ここをクリック してください。

 サブメニュー『トレッキング&ハイキング&旅 編』へ移動      このページのトップに戻る 

「Kaakaの世界」への訪問 人目

inserted by FC2 system