当ホームページの管理人『Chan』が、HPの基本から学ぼうと作ったものです。
作成していると、Kaakaが「私の分も載せて!」と横から割り込み、夫婦の趣味(鯉釣・DIY・トレッキング・草花)を紹介する当HPができました。特許権・商標権・著作権について知っていると便利な情報もあります。初めてご利用の方は ご利用上の注意点 を同意の上、ちょっとお寄りになって、ご覧ください。

PROFILE『Chanの某国滞在記』/ 前赴任地に出張 (2017.05.19_27)_中編(斎長城)

2017年5月21日 錦塀山系九朔頂斎長城
いろいろ

 前編はここをクリックしてご覧下さい。

自転車 〇 2017年5月21日(日曜) 錦塀山系九朔頂の斎長城へ・・・

 7時30分 帰任時に、電動自転車は現地スタッフに譲渡したので、今回は自転車で移動です。
帽子・リュック・ペットボトルホルダーを忘れてしまい、ペットボトルは室内にあったオレンジの袋に入れて持参しました。

 8時15分 登山口に到着。いつものこの堰止湖は洗濯おばさんでにぎわっていますが、今日は釣り人もいました。
この堰堤を渡り、錦塀山系九朔頂の斎長城を目指します。
斎長城は何度目でしょうか? 20回くらいは行ったのでは?
渡る 釣り 堰止湖
上る 道
 こんな道をひたすら上っていきます。

 8時45分 斎長城が見えてきました(左下写真)。
 8時50分 あと一息です(右下写真)。
これです すぐそこ 見えてきました
 8時56分 斎長城のある九朔頂に着きました(左下写真)。この大岩の上で写真を撮りました。
斎長城の一番高いところは、この階段を上ったところです(右下写真)。 斎長城 岩の上 九朔頂
タニシ 何?  斎長城の中を覗いたら、これまで見たことのないモノが床に散らばっていました。
近づいてみると、タニシです。中身はない・・・ 鳥がくわえてきたのだろうか? それとも人が持ってきて食べたのだろうか?

 9時10分 下山開始、上ってきたルートの西側のルートで下ります。
 9時20分 後ろに斎長城が見えます(左下写真)。
 9時38分 登り口と下山口が見えるます(右下写真)。
斎長城 下を撮影
 9時41分 岩と岩の間から「神泉」が見えるところまで来ました。
 9時56分 人民が「神泉」で水汲みしていました。 20リットルのボトルを担いで下山です。
担ぐ 神泉 間
10時 「神泉」の下流にある洗濯場です。洗剤で水が白く濁っています。そして、岩に筋を施した「洗濯岩」まであります。
少し上に、パイプを施したところがあったので行ってみたが、何も書かれていないので水汲み場ではなく、ここも洗濯場なのかも? 水汲み場 洗濯岩 洗濯場
墓 下山方向
 10時10分 下山する方向に新しい墓が見えてきました。

この国は、「先祖代々○○家の墓」ではなく、夫婦で入る墓です。十数億の人民がいるから墓の数もすごいのでしょう・・・ その為か、違法な墓(無許可設営)?がいたるところにできています。
たぶん、右写真も無許可の墓でしょう?

 10時13分 この堰堤を渡り、右に進路を変えて進めば、もうすぐ上ってきた地点に着きます。
 10時18分 自転車を置いた場所に戻ることができました。
自転車 バラ 堰堤
南門 南門
 「海州古城」を通って帰ることにした。

 10時29分 海州古城の南門。道路工事していました。

足場をかけて ずうっと工事していた建物の足場が取れていました(左下写真)。
昔風に街並みを再現しているようです。右下写真は北門です。
北門 建物
 南門から北門、「海州古城文化旅游街区」のメイン通路が工事中のようです。そして、ロータリーにあった「秦東門」が撤去されていました(右下写真)。
撤去 看板

 今回の出張の続きは ここをクリック してご覧下さい。

Chanの某国滞在記に戻る  このページのトップに戻る↑


PROFILEへの来訪 人目

inserted by FC2 system